独特な面白さがある景色

独特な面白さがある景色

独特な面白さがある景色 屋形船と聞くと、風流で風情あるイメージを抱く人も少なくないのではないでしょうか。屋形船の歴史は長く、平安時代に貴族などの特別な階級を持った人が楽しんでいたというのがルーツであるとされており、今のように広く一般にも広まったのは江戸時代と言われています。船の上で特別な時間を過ごす文化は、このように時代を経て現代も受け継がれており、日本ならではの風物詩です。そんな屋形船の魅力のひとつは、船上からの景色を楽しむことが出来ることです。

元は涼む目的から夏場が最盛期でしたが、最近では冷暖房完備されていることが多くなり、季節問わず乗船することが可能となっています。それにより、春の桜のお花見に始まり、新緑、花火、月見、そして冬のイルミネーションと、その四季ならではの特別な景色を楽しめます。

また、東京湾を回る船なら、東京タワーやレインボーブリッジなどを水上から眺めることが出来ます。いつもよく見ている景色もそれを船の上から見ると言うのは、いつもと違った風情ある眺めとなり、独特の面白さがあると言えるでしょう。独特な面白さがある屋台船からの景色を存分に楽しむのも素敵です。

揺れが心地よい屋形船

揺れが心地よい屋形船 屋形船は、情緒あふれるお座敷遊びとして人気です。
窓から流れてくる海風や潮風の香り、ゆったりとした揺れが心地よい非日常感が味わえます。
屋形船の歴史をひもとくと、平安時代までさかのぼります。
ある文献には、貴族たちが船の上で宴会をして、お酒をたしなんだり歌ったり踊ったりしたことが、記述で伝えられています。
江戸時代になると、さらに盛んになり、大名や豪族たちは屋形船に華麗な装飾をほどこし、俳句を詠んだり花見を楽しんだりしていました。
それから現在にいたるまで、風流な文化としてずっと人々の間で愛されてきました。
今では誰でも屋形船で風流な宴が楽しめるようになりました。
大人数はもちろん、2名からの少人数でも利用できるプランもあるので、カップルでのデートや誕生日や記念日などの思い出作りにも最適です。
海風に当たりながら、美しい景色を眺めて美味しい料理を満喫するのは、忘れなれない最高のひとときとなることでしょう。